女性に多い足の症状|寝ていても痛む腰痛に歯止めを|苦しみからの脱却

寝ていても痛む腰痛に歯止めを|苦しみからの脱却

病棟

女性に多い足の症状

病棟

下肢静脈瘤とは、足の静脈にこぶができる病気です。足の静脈には、血液の逆流を防ぐために弁がついています。この弁が壊れることにより、血液がたまり、血管が湾曲したり、こぶができたり、皮膚が盛り上がったりするのが下肢静脈瘤という病気です。長時間立ち仕事をしている人に多い病気で、特に40代以上の女性に多く見られます。発症しても、命に関わることはないので、本人が生活に不便を感じなければ治療の必要はありません。しかし、見た目が悪くなったり、足のむくみやだるさという症状が起こることもあります。そのような場合には、症状や本人の希望に応じて治療をすることもあります。また、下肢静脈瘤と似ている別の病気もあるので注意は必要です。

下肢静脈瘤は、立ちっぱなしの時間が長かったり、足のむくみが多い人によく見られる症状です。そのため、治療や予防として、弾性ストッキングや弾性の靴下がしばしば用いられます。弾性のある靴下やストッキングは、ふくらはぎの部分を圧迫することで血液の逆流を阻止し、むくみを起こしにくくする作用があります。手術などを用いない治療方法として利用されることもありますが、根本治療ではないので、予防的側面が大きいものです。こうしたグッズの使用もよいですが、定期的に足を曲げ伸ばししたり、マッサージしたり、ふくらはぎの筋トレをしたりするのもよい予防法です。一度なってしまうと、手術などをしないと根本的な解消は難しいため、予防に注意するのが重要です。