未来のためにできること|寝ていても痛む腰痛に歯止めを|苦しみからの脱却

寝ていても痛む腰痛に歯止めを|苦しみからの脱却

病棟

未来のためにできること

医者

治療法を知っておこう

子宮頸がんは子宮の入り口にあたる、子宮頚部にできるがんのことを指し、20代から40代までの方に多く見られます。子宮頸がんが他のがんと大きく異なる点は、ヒトパピローマウイルスというウイルスが発症原因になっていることです。子宮頸がんの治療では、多くの場合進行度に適した方法で、病巣を取り除く外科的手術が用いられます。初期の病巣が小さい段階では、子宮頚部の一部を取り除く円錐切除術が適応され、この方法は妊娠の可能性を残すことができます。ある程度進行している場合は、子宮頚部に加えて、子宮全体、またリンパ節や卵巣、卵管なども摘出する必要があります。ただ、子宮頸がんは放射線治療が効果的なことが多く、場合によっては放射線で治療を行っていくことも可能です。将来妊娠を希望するのならば早期発見が何より大切なため、定期的な子宮がん検診を行っていきましょう。

専門医に診てもらおう

子宮は多くの役割を担っている臓器であるため、子宮頸がんの治療では、確かな治療を行ってくれる信頼できる婦人科、医師にお願いしたいところです。ただ、婦人科といってもその診療範囲は幅広く、医師によって得意としている分野は様々です。そのため、子宮頸がんを治療していくならば、子宮がんの治療実績が多い経験豊富な医師が在籍している婦人科を受診することが大切です。特に、子宮がんを専門として取り組まれている医師は患者からの評判も良く、それぞれの状況に即した適切な治療を行ってくれます。また、人気の高い婦人科は、院内の雰囲気も良く、医師だけでなく看護師や事務スタッフも患者に丁寧に接してくれます。できるだけ少ないストレスで子宮頸がん治療を行っていくためにも、自身と相性の良い病院、医師を見つけることが大切です。