症状を改善するために|寝ていても痛む腰痛に歯止めを|苦しみからの脱却

寝ていても痛む腰痛に歯止めを|苦しみからの脱却

病棟

症状を改善するために

女性

十二指腸がんは良性の十二指腸ポリープが悪化することで発症します。しかしながら、十二指腸がんはがんの中でも発生する確率が最も低いです。発症率は0.3%から2.8%程度です。そのため、研究がまだ進んでいません。そのため、なぜ良性ポリープが悪化するのか、そのメカニズムは解明されていません。初期においては自覚症状がほとんどありませんが、がんが進行していくと腹痛や貧血といった症状が現れます。これらの症状は日常でも起こるものなので、十二指腸がんの症状だと気づきにくく、早期での発見は難しいです。定期健診で血液検査をすることで初めて十二指腸がんであることが判明するケースがほとんどです。そのため、普段から定期健診を受けることをおすすめします。

十二指腸がんの治療方法には、他のがんの治療法と同じように、外科手術、薬物療法、放射線療法の3つがあります。どの治療法を選択するかはがんの進行状況や患者の健康状態などを考慮して決定されます。たとえば、外科手術は身体に大きな負担がかかりますので、若い人や中年の人には適応されますが、高齢者には滅多に行われません。高齢者に対する治療法は負担の少ない放射線療法を用いられるケースが多いです。もちろん、発見が比較的早い場合は負担のかからない外科手術が行われることもあります。たとえば、内視鏡を使った切除方法です。手術の前に超音波内視鏡でがんの進行状況を検査します。それから、十二指腸の粘膜に留まっていることを確認して、内視鏡で切除します。