寝ていても痛む腰痛に歯止めを|苦しみからの脱却

わらい顔

症状を改善するために

女性

十二指腸がんは良性のポリープが悪化することでがん化します。初期は症状はありませんが、進行していくと頭痛や貧血などの症状が現れることがあります。治療方法としては放射線療法、外科手術、薬物療法があります。

もっと見る

腰の痛みへの対応

看護師

薬に頼るだけでは駄目

腰痛で医療機関を受診すると、多くの場合、診察や検査を受けた後に痛みを抑える薬が処方されます。と同時に、運動療法のやり方や生活する上での注意点等といったことを医師から指導されるはずです。この場合、薬をもらったことに安心し、医師からの指導を蔑ろにして実行しないとするならば、腰痛の改善は難しいと言えます。腰痛とは腰が痛いことの総称であり、原因は椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、骨折等様々です。ただ、そのような疾患がなくても発症することがあり、その方が数は格段に多く、全体の85%も占めています。特定の疾患がないのに発症する腰痛を、非特異的腰痛と言います。そして、非特異的腰痛は自ら積極的に行動して改善しなければならないので、薬を使用しつつ、医師の指導も確実に実行しなければならないのです。

髄膜のずれとストレス

もっとも、非特異的腰痛に何の疾患もないというわけではないのです。ただ、明らかな異常とは認められない疾患が原因となっています。そして非特異的腰痛の原因は、2つ考えられます。1つは、椎間板の中にある髄核のずれです。髄核は椎間板の中心に位置しているのですが、ずれると痛みが生じてしまいます。ずれは、ストレッチや体操をすることにより戻ります。また、正しい姿勢をとることや、腰に負担をかけないことで、ずれを予防できます。もう1つは、意外に思えるかもしれませんがストレスです。ストレスを感じると、痛みを抑えるドパミンやオピオイドといった脳内物質が分泌されにくくなるのです。そして、ドパミンが分泌されなくなるとセロトニンという神経のバランスを保つ役割を担う脳内物質の分泌量も低下し、様々な悪影響を及ぼしますので注意が必要です。

未来のためにできること

医者

子宮頸がん治療では、進行度によってそれぞれに適した手術法が用いられますが、初期の場合は子宮頚部一部のみを切除し、妊娠の可能性を残すこともできます。子宮頸がんを適切に治療していくためにも、子宮がん治療を専門としている医師のもとで治療を受けましょう。

もっと見る

女性に多い足の症状

病棟

下肢静脈瘤は足の静脈にこぶができる病気です。命に別状はないので必要性を感じなければ治療しなくてもよいですが、見た目が悪くなったり、むくみやだるさを感じることもあります。根本治療には手術なども必要ですが、弾性ストッキングやマッサージも予防と治療に有効です。

もっと見る